営業時間・定休日
営業時間

10:00~19:00

 
定休日

火曜日・水曜日(祝祭日の場合営業)

 
電話番号

045-286-0500

 
 
住所

〒234-0053

横浜市港南区日野中央1-17-1

リクルート

スタッフブログ

   
2016/10/29  ショールームダイアリー 
世界の車窓やらなんやらから フィアット編 その4
 
よこやまでございます。

そういえば、パリサロンの報告がまだでした。

フランスにて開催ということもあり、

FCA全体の総面積は非常に広かったです。

その中でも主たるブランドであるフィアットの平さったら。

ただし。

何故かブースの並びが

アルファ → フェラーリ → フィアット

となっていたのは謎。

ちなみにアバルトは斜め向かい?と言えばいいんでしょうか。

ジープの隣なのは、FCAっぽかったです。

余談ですが、イタリア、レネゲードはじめグラチェロなど、結構走ってました。

さて。

残念ながら、ブースは広いものの日本未導入の車ばかり。

申し訳ございません、諸事情ありますので。

今までの日本での販売実績等大人の事情がございます。

その中で・・・





お!




おぉ!





おー!



ということで。

既にお話できる準備ございます。

ご興味ある方は、お問い合わせください!

お待ちしております!
 
   
2016/10/28  ショールームダイアリー  マネージャー 野崎 直人
いらっしゃいませ!
野崎 直人 / ノザキ ナオト
[マネージャー]
 
って聞こえてきそうな可愛いフィアット500


限定モデル達が皆様をお出迎え致します。

可愛い~おしゃれ~

五感に訴えてくるこの車。

是非、お気軽にお立ち寄りくださいませ。
 
   
2016/10/28  ショールームダイアリー  マネージャー 野崎 直人
フィアット Panda ご納車でございました!
野崎 直人 / ノザキ ナオト
[マネージャー]
 
昨日は、なんと宮城県仙台市からご納車にご来店頂きました。

今回は、Pandaの中古車をご納車させて頂きました。

何処か、肩を張らず使いきって頂けるモデルですよ~って。

ご案内の際にはさせて頂いております。

それでも、可愛いフォルムは見れば見るほどに、好き!になれる。

そんな、お車なのかな~って。いつも、思います。
あれれれ?

なぜ、ご納車の写真じゃないのかって・・・

私の操作ミスで・・・

写真を・・・

ってこの先まではかけません((+_+))

S様とも、本日は無事に帰宅できたか?

アフターコールを兼ねてお電話させて頂きました。

気に入って頂けてそうで何よりでございます。

この度は、誠にありがとうございました。
 
   
2016/10/28  イベント  マネージャー 野崎 直人
AUGURI FIAT 500X
野崎 直人 / ノザキ ナオト
[マネージャー]
 
そろそろ、弊社もクールビズが終わります。

来月からはスーツになります!!!

確かに・・・

私も・・・

本日は!寒い!!!です。

暖かいコーヒーが美味しい季節になりましたね~。

私、オススメはジョージアのブラックのボトル缶の奴。

かしゅっとキャップを回して・・・って

缶コーヒの告知じゃありませんでした!

明日からは

↓ ↓ ↓ 店頭で二日間こちら!

AUGURI FIAT 500X!

店頭にて開催致します!

フィアットのて・い・ば・ん・の

イエロー

をどん!

っと前面に押し出した!

その名も・・・

500X Yellow Cross
フィアット500X Cross Plusをベースに・・・

専用カラー


専用アロイホイール


アダプティブクルーズコントロール


装備して

3.499.200円(税込)

お・か・い・ど・く

でございます。

先ずはお気軽にご来店下さいませ。
 
   
2016/10/26  ショールームダイアリー 
一枚の写真
 
よこやまでございます。

本日は、イタリアのお話も車のお話もひとやすみ。

しばしお付き合いください。

今日は、外出の際、効率を考えて、電車を利用。

都内までのお出掛け。

行きは全部立ってたけど、帰りは座れるかな?

なんて思っていたところ、なんとか地下鉄で座れました。

良くある話ですが、途中でご老人が乗車。

まぁ、なんにも考えず、入口近くに座っていたので、「どうぞどうぞ」

譲ってから、少しするとご老人から声を掛けられ。

御年90歳、もともとプロカメラマン。

近頃親切な人が減ったと。

なので、お礼にこの写真を、といって渡されたのが、上の写真。

2001年元旦の風景、とおっしゃっていたはず。

もしそうならば、この写真の端っこの方で

姿こそ写りませんが、この写真の中にいるはずなんです、わたくし。

その頃、ちょうど桜木町に勤務しておりまして、

大晦日、カウントダウンの瞬間も、元旦も桜木町で働いていました。

なんか不思議なご縁もあるもんだ、ただ席を譲っただけなのに。

15年の歳月を経て、手元に届けられた一枚の写真。

そんな不思議な1日のお話でした。

 
2016年10月(17件)
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
ページ上部に戻る